3LDKシンプルくらし -シンプル暮らしとお得にマイル旅-

ANAマイルを貯めて、年に1〜2回の旅行を目指す。

ANAで提携航空会社の特典航空券を発券された方は提携会社サイトからの座席指定でいい席取れます

スポンサード リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

提携航空会社の特典航空券を発券された方は提携会社サイトで座席指定をチェックしよう

早速ですが、

ANAサイトの特典航空券の発券では、

選べなかったいい場所の座席指定などが

提携航空会社(今回はシンガポールエアです)サイトでは選ぶことができます。

やはり、いい座席は提携先のANAのサイトには解放していなかったんですね。 

f:id:syunjin:20181207181619j:plain
f:id:syunjin:20181207180924p:plain
A380_2階席 ANAとSQサイトでの比較

 

エアバスA380の二階席、

左がANAの座席表、右がSQの座席表です。

右のSQの座席図ではANAでは選ぶことができなかった足元の広い

非常口付近の座席が軒並み開いており選ぶことができます。

f:id:syunjin:20181207180833p:plain
f:id:syunjin:20181207180839p:plain
B787-10 ANAとSQサイトでの比較


 続いて、ボーイング787-10、

左がANAの座席表、右がSQの座席表です。

非常口付近の座席をはじめグリーンで囲まれた前方の薄い座席も指定できるようになっております。

 

ただし、落とし穴がありました

SQサイトより座席指定することでANAサイトより快適な座席を選ぶことができますが

ここで一つ落とし穴がありました、それは座席によって指定料金がかかることです。

f:id:syunjin:20181207215740p:plain

標準の座席は無料で選べるようですが、前方エリアは1360円、足元の広い非常口付近ストレッチシートは5430円が、それぞれ別途加算されるようです。

 

最初に発見したときは、小躍りして喜んだのですが

そんなに甘くはなかったですね。

ただし指定料金も、

そこまでお高くはないので、大阪からシンガポールまで

約6〜7時間を快適に過ごせると考えますと、これはこれでお得かもしれませんね。

 

皆さんも座席時は提携先のサイトもチェックしてご検討ください。