3LDKシンプルくらし -シンプル暮らしとお得にマイル旅-

ANAマイルを貯めて、年に1〜2回の旅行を目指す。

インターコンチネンタル大阪【宿泊記】その2

スポンサード リンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

前回のインターコンチネンタル大阪の宿泊記は

お部屋以外の施設を紹介したいと思います。

朝食ビュッフェ紹介

朝食はロビー階にある、NOKA でいただくことができます。

コロナ渦の影響で変則的なビュッフェになっており

メイン料理はテーブルでオーダーする方式です。

 

f:id:syunjin:20200802195200j:image

個人的はこちらの方が子ども連れには

ゆっくり食べれて好印象でした。

f:id:syunjin:20200802193414j:image

まずはメイン料理一品目のパンケーキプレート

こちらは幼稚園の次男のオーダーでしたが

しっかりとしたボリュームで子どもには多いようで

私とシュアーしていただきました。
f:id:syunjin:20200802193447j:image

そして二品目のポーチドエッグプレート

パンケーキに続きどれも綺麗に盛り付けがされていて

非常に贅沢な感じです。

いやいやオーダービュッフェもいいですね。

自分で取りに行くと、

こうにはなりませんからね。
f:id:syunjin:20200802193503j:image

そして三品目のオムレツプレート

小学3年の長男のオーダーでしたが、

こちらはほぼ一人で完食!

しかし、かなりのボリュームだったらしく

食いしん坊の長男でも

お昼になってもお腹が空いたとは言わないほどでした。(笑)
f:id:syunjin:20200802195116j:image

そして四品目

せっかくのなのでちょっと変わった感じで

サイドメニューの

シンガポール風焼きそばなるものをオーダーさせていただきました。

こちらサイドメニュー的扱いにも関わらず

メイン並みのボリューム。

なんともお得な一品ですが、

量的には半分ほどにしていただいた方が

色々食べれて嬉しいかもしれません。

あとから確認しましたら、オーダー時に量も調整できるようなので

もし頼まれる方は調整したほうがいいかもです。

 

f:id:syunjin:20200802195122j:image

そして驚くことに

こちらのオーダービュフェなんと、

メインは一人一品では無く

何品でもOKとの事!

ですので

五品目は締めにおかゆをいただきました。

こちらは先ほど、

量の調節も可能と学びましたので

少なめ目、お茶碗いっぱい程度でオーダーさせていただきました。
f:id:syunjin:20200802195102j:image

付け合わせも色々いただきましたので

すべて投入して一気にいただきました。

いやー、締めにおかゆはいいですね。

ほっこり落ち着きます。
f:id:syunjin:20200802195112j:image

ここまででお腹いっぱいなのですが

さらにテーブルには食べ放題のパンがあり

そして量が少なくなりますと

係の方が、パンを補充しに来てくれます。

パンの種類も豊富で補充時に選ばせていただけるのですが

どれも美味しそうで非常に迷ってしまいます。

もちろんパン全種類を制覇することはできませんでした。

いやいやどれも非常においしいパンでした。
f:id:syunjin:20200802195109j:image

ビュッフェテーブルの感じです。

それにしてもメインプレートが満足すぎて

こちらから頂く余裕がほぼありませんでした。

なので写真も、この一枚だけ、、、

生搾りのジュース、シリアル系、前菜の盛り合わせ、和食やデザートなどが

ありました。

f:id:syunjin:20200802195119j:image

せっかくなので

フルーツの盛り合わせをいただきます。

コロナ対策なのでしょうか。

一つ一つが

このように綺麗に盛り付けさせて置かれています。

極力、人があまり触らないように置かれている感じでした。
f:id:syunjin:20200802195105j:image

最後に

コーヒー、紅茶などはテーブルでオーダーする方式で

おかわりは自由です。

さすが、インターコンチネンタルな朝食ビュッフェで

非常に満足させていただきました。

やはり人は少なめでした

こちらの朝食会場も普段ならば大勢の人の賑わっているかと

思われますが、この日は7:30から9:00ほどまで

ゆっくりと利用させていただきましたが、

私たちの他には1組ほどが食事されている程度でした。

連休中なのにほぼ貸し切りのプール
f:id:syunjin:20200802195317j:image

これぞ、高級ホテルなプールです。

こんな綺麗でおしゃれなプールが滞在中はほぼ

私たち家族以外が利用していない貸し切り状態でした。

このプライベート感がさらに満足を高めます(笑)

いやぁ〜、本当にいいんですか、これが貸し切りですよ!!
f:id:syunjin:20200802195321j:image

休憩スペースも抜かりのないおしゃれ感演出しております。

さらに人がいない貸し切り感で満足度も急上昇です。

 

f:id:syunjin:20200802195612j:image

泳いで帰って来ると

さりげなくお水のサービスが!

いやぁ〜ありがたいです。
f:id:syunjin:20200802195608j:image

ジャグジーも貸し切り、

気兼ねなくブクブクのスイッチを入り切りできます。

 

貸し切りシリーズ大浴場編


f:id:syunjin:20200802195327j:image

ドーン!

はい、大浴場ももちろん貸し切りでした。

なのでバッチリ写真も取らせていただきました。
f:id:syunjin:20200802195330j:image

反対側からの写真。

おしゃれですねー。
f:id:syunjin:20200802195337j:image

サウナも2種類、

ノーマルサウナとスチームサウナ。
f:id:syunjin:20200802195324j:image

休憩スペースもおしゃれそのもの

なんとも快適な空間です。


4階フィットネスの紹介

f:id:syunjin:20200802195827j:image

4階にあるフィットナス受付の様子です。

写真の時間帯は朝の6:00頃ですので

スタッフの方はおられませんが

普段ならばこちらで、

フィットネスウェアーや水着の貸し出しもして頂けます。

そしてなんと驚くことに

こちらのインターコンチネンタルでは

プール、大浴場、フィットネスの利用と

フィットネスウェアーの上下とシューズ、

水着の貸し出しがすべて無料なんです。

ウェアーの貸し出しまで無料のホテルって

初めてなので感動です。


f:id:syunjin:20200802195830j:image

フィットネスは24時間利用できますが

7:00から22:00以外の時間帯は

施錠されていて

カードキーで解錠して入室するタイプになります。


f:id:syunjin:20200802195816j:image

はい、こちらももちろんほぼ貸し切りです。


f:id:syunjin:20200802195821j:image

こちらはストレッチなどをする部屋なのでしょうか。

ウェアーも無料貸し出しなので、

普段ジムに行かない妻も

今回フィットネスジムデビュー

こちらでストレッチをして楽しんでおりました。
f:id:syunjin:20200802195813j:image

なんかいろいろな機会があります。
f:id:syunjin:20200802195810j:image

私はほぼ、ランニングマシーンしか使ったことがありませんが

色々とありますね。
f:id:syunjin:20200802195824j:image

おしぼりとタオル、そして水があります。

以前行ったことのある天王寺マリオットには

リンゴとオレンジがあり、

ちょっと期待したのですが

こちらにはそのようなフルーツ類はありませんでした。


f:id:syunjin:20200802195807j:image

なんか凄そうなマシン。

高速で振動して筋肉を鍛える品物の様です。

f:id:syunjin:20200802195940j:image

貸し出していただける

ウェアーはインターコンチネンタルロゴ入りです。

スタッフに間違えられないかちょっとドキドキしましたが、

そもそも終始貸し切りなのでそんな心配もいりませんでした(笑)
f:id:syunjin:20200802195935j:image

シューズも貸していただけるので手ぶらでOKです。

 

最後にレンタサイクル

f:id:syunjin:20200802200024j:image

最後に今回は利用しませんでしたが、

レンタサイクルも貸し出していただける様です。

こちらも抜かりなくおしゃれなビーチクルーザータイプです。

こだわってますね〜。

 

今回、コロナの影響もあり、

連休にもかかわらず、宿泊者の方も少なくゆったりと

利用させていただくことができました。

 

空いているホテルも悪くなかったのですが

やはりこんな状況下ですので

何をするにもそれなりに気は使いますね。

 

ビュッフェやアクティビティーなど

気兼ねなく楽しめるホテルが懐かしく感じますが

そんな状態は一体いつになることでしょうか。

 

では